【百合ブログ】百合Edge R&D 

人間無骨のブログ。百合のレビューをする。 Twitter:@ZephyrMusician

うちのメイドがウザすぎる!アニメ化決定!!!ーひらり、の伝説について

natalie.mu

おねロリアニメの誕生だ!!

 

おねロリのレビューとか紹介とか-拡張パック(2018/01/16追記) - 【百合ブログ】百合Edge R&D

漫画は↑で紹介しているよ!!

 

正直、まだ幻と思っているというか、数あるおねロリの中でコレを攻めてくるか!って気持ちだ!!ガチロリコンの漫画だからね……。

 

うちメイ(勝手に略す)はひらり、出身のおねロリ漫画で、その後移籍して見事にアニメ化を勝ち取ったワケだ。ひらり、の漫画では「あさがおと加瀬さん。」もOVA上映が決まっている。ここにきてノリにノッてるぞ!!!ひらり、!!!!!

伝説の百合雑誌と言われるのもよく分かる……

 

 

 

そう、伝説だ。ひらり、はすでに伝承の中の存在である。見たことはないけど凄いらしいねってワケ。

 

けっして、この表現が使われたことを責めるつもりはない。ひらり、の休刊は4年前だ。百合は好きだけど、ひらり、を読んだことがない人はいっぱいいると思う。

この直前にはつぼみも休刊している。つぼみが休刊したことでひらり、に流れた人も多かったんじゃないかな? 私もそうだった……。

 

以来、百合アンソロはエクレアやガレットが登場しているものの、エクレアは不定期、ガレットは半同人出版であり、商業ベースの百合アンソロは今一歩足りていない。もちろん百合姫はあるけどね! 百合姫に加えて「ひらり、」「つぼみ」まであった時代があったのさ!! 百合展2018でも語られているように 

 

――百合は今、薄氷の上に立っていると思います。相つぐ百合漫画のアニメ化、一般文芸誌での百合特集、出版界的には堂々と百合と銘打てるようになりました。本イベントで紹介している作品以外にも魅力的な百合作品は今なお増え続け、バリエーションも豊か。界隈の外からも「百合が来ている」と注目され、今とても百合がアツい。それでも危機を感じるのは、何事も盤石ではないからです。ブームはいつか去るし、他にも様々なアクシデントが起こり得る。

(「綾奈 ゆにこ」百合展2018HPより引用)

 

いつ、突然百合の供給が途絶えた!!!という事態になってもおかしくないんだ。

実際に私はそれを体験した。つぼみとひらり、メバエ。それから彩百合シリーズでね。

そうした事態を避けるには、つねに上質な作品が供給され、注目と需要が発生している状況こそ望ましいと私は考えている。

 

そして上質な作品が供給される環境というのは、様々な媒体と土壌によって育まれる。

同人では日々、二次創作でもオリジナルでも最高な百合が生まれている。

Twitterでバズった作家様が単行本を出す例も増えているし、ネット掲載から人気が出た作品もある。

アニメ、映画などの映像作品で百合の門をくぐる人もいるだろう。

 

あとは出版だけだ! 電子書籍にせよ、雑誌にせよ、商業ベースによる安定した百合供給は長期連載作品において欠かせない。メディアミックスに成功した作品というのはどれも連載作だ。もちろん、ネットでバズった話を膨らませて……というパターンもあるけれど、個人で人気が出るまで連載を続けるというのは大変な労力を要する。*1そればかりに頼っていては立ちゆかない。

 

ガレットは頑張っているのだから、商業も負けないでほしいね!

コンセプトを絞った百合アンソロなんかも得意分野だと思う。月末の社会人百合アンソロはとっても楽しみだ!おねロリ専門誌を出せ

 

うちのメイドがウザすぎる!に乗っていこうぜ、百合界!!

*1:イチトニブンノイチのたいやき先生なんかは本当に凄いと思うよ

うちのメイドがウザすぎる!アニメ化決定!!!ーひらり、の伝説について

natalie.mu

おねロリアニメの誕生だ!!

 

おねロリのレビューとか紹介とか-拡張パック(2018/01/16追記) - 【百合ブログ】百合Edge R&D

漫画は↑で紹介しているよ!!

 

正直、まだ幻と思っているというか、数あるおねロリの中でコレを攻めてくるか!って気持ちだ!!ガチロリコンの漫画だからね……。

 

うちメイ(勝手に略す)はひらり、出身のおねロリ漫画で、その後移籍して見事にアニメ化を勝ち取ったワケだ。ひらり、の漫画では「あさがおと加瀬さん。」もOVA上映が決まっている。ここにきてノリにノッてるぞ!!!ひらり、!!!!!

伝説の百合雑誌と言われるのもよく分かる……

 

 

 

そう、伝説だ。ひらり、はすでに伝承の中の存在である。見たことはないけど凄いらしいねってワケ。

 

けっして、この表現が使われたことを責めるつもりはない。ひらり、の休刊は4年前だ。百合は好きだけど、ひらり、を読んだことがない人はいっぱいいると思う。

この直前にはつぼみも休刊している。つぼみが休刊したことでひらり、に流れた人も多かったんじゃないかな? 私もそうだった……。

 

以来、百合アンソロはエクレアやガレットが登場しているものの、エクレアは不定期、ガレットは半同人出版であり、商業ベースの百合アンソロは今一歩足りていない。もちろん百合姫はあるけどね! 百合姫に加えて「ひらり、」「つぼみ」まであった時代があったのさ!! 百合展2018でも語られているように 

 

――百合は今、薄氷の上に立っていると思います。相つぐ百合漫画のアニメ化、一般文芸誌での百合特集、出版界的には堂々と百合と銘打てるようになりました。本イベントで紹介している作品以外にも魅力的な百合作品は今なお増え続け、バリエーションも豊か。界隈の外からも「百合が来ている」と注目され、今とても百合がアツい。それでも危機を感じるのは、何事も盤石ではないからです。ブームはいつか去るし、他にも様々なアクシデントが起こり得る。

(「綾奈 ゆにこ」百合展2018HPより引用)

 

いつ、突然百合の供給が途絶えた!!!という事態になってもおかしくないんだ。

実際に私はそれを体験した。つぼみとひらり、メバエ。それから彩百合シリーズでね。

そうした事態を避けるには、つねに上質な作品が供給され、注目と需要が発生している状況こそ望ましいと私は考えている。

 

そして上質な作品が供給される環境というのは、様々な媒体と土壌によって育まれる。

同人では日々、二次創作でもオリジナルでも最高な百合が生まれている。

Twitterでバズった作家様が単行本を出す例も増えているし、ネット掲載から人気が出た作品もある。

アニメ、映画などの映像作品で百合の門をくぐる人もいるだろう。

 

あとは出版だけだ! 電子書籍にせよ、雑誌にせよ、商業ベースによる安定した百合供給は長期連載作品において欠かせない。メディアミックスに成功した作品というのはどれも連載作だ。もちろん、ネットでバズった話を膨らませて……というパターンもあるけれど、個人で人気が出るまで連載を続けるというのは大変な労力を要する。*1そればかりに頼っていては立ちゆかない。

 

ガレットは頑張っているのだから、商業も負けないでほしいね!

コンセプトを絞った百合アンソロなんかも得意分野だと思う。月末の社会人百合アンソロはとっても楽しみだ!おねロリ専門誌を出せ

 

うちのメイドがウザすぎる!に乗っていこうぜ、百合界!!

*1:イチトニブンノイチのたいやき先生なんかは本当に凄いと思うよ