【百合ブログ】百合Edge

人間無骨のブログ。百合のレビューをする。 Twitter:@ZoolockMetatron

ルミナス=ブルー-まだ見ぬ百合を求めて

https://twitter.com/okome103/status/1114426108785467392

 

恥ずかしながら、私が「ルミナス=ブルー」を知ったのはこのtweetがきっかけだった。

 

端的に言って、この百合漫画は最高に面白い!

 

この漫画は終わってはならない。そう感じたから、紹介しようと思う。

 

大まかなあらすじとしては、写真部に憧れて転校してきた少女「光」は、転校先で笑顔が素敵な二人組「雨音」と「寧々」と出会う。

撮影を通して二人と仲を深めた光だったが、写真部でたった一人だけ残った「うちほ」から「雨音」と「寧々」は元々付き合っていたと知らされ――

 

みたいな感じだ。第一話の扉絵が、三人の関係性を象徴していると思う。

f:id:zephyrmusician:20190415214334p:plain

ルミナス=ブルー第一話より引用

向かい合う光と寧々、そんな寧々を見つめる雨音。それが、この三人の形だ。

第一話で主要な人物はしっかり出そろっているから、あれこれ説明を聞くより、まずは一話だけでも読んでみてほしい。それで惹かれたのなら、買う価値は保証しよう。

https://www.cmoa.jp/title/170954/

 

ルミナス=ブルーの何が良いのかというと、繊細な画力もさることながら、「運命の二人」がクローズアップされがちな百合漫画で、重層的な感情の交差を描こうとしている点にある。

大体、こういう感じの人間関係だ*1

f:id:zephyrmusician:20190415211704p:plain

四角関係

 

 

「雨音」と「寧々」はお互い元カノだが、関係が完全に切れたわけではなく、微妙な気持ちが残っている。

特に雨音は未練が残っていながら、その一方で幼馴染みのうちほとも並ならぬ関係になってしまっている。

百合漫画で複数カップリングを描く際は、ペアを多数登場させる方式や、あるいは三角関係が多く用いられる。*2

しかし、ルミナス=ブルーはより複雑で入り組んだ関係を提示してきている。

 

東兎角と一ノ瀬晴

高山春香と園田優

白峰あやかと黒沢ゆりね

野間みみかと柚子森楓

小糸侑と七海燈子

 

固定されたペア、運命の二人を描く百合漫画はメタな読み方をすれば、大抵は結ばれる(最後はどうなるのか分からないけど……)。三角関係というのも、あくまでもメインのカップリングの障害であったりドラマを生み出すためのものになりがちだ。

 

しかし、不均衡なまま、仲が良い三人組という形で構築されたルミナス=ブルーの関係性は、とても危うい。分れたはずの雨音と寧々が関係を修復するかもしれないし、光が雨音に気持ちを打ち明けるかもしれない。

様々な秘密を隠しているうちほが激しく三人の感情を揺さぶってくるかもしれない。

 

この先がどうなるのか分からない。これは、とても魅力的だと思う。

 

この二人は結ばれるというお約束の元で楽しむ百合もいいものだけど、先が分からない未知の領域に踏み出すことも、スリルや感動があるものだとおもう。

 

ルミナス=ブルーは、まだ見ぬ百合を求める冒険だ。

 

この四人の関係を描ききるには、多くのページが必要になるだろう。不本意な形でこの冒険が終わるのは、本当に惜しい。

 

運命の二人が分からないままで走りきってこそ、この百合が飽和した時代に「新しい百合」が生まれると私は思う。

 

 だから、少しでも興味があるなら時間とお金をこの作品に割いてほしいとおもう。

 

刺激的なわくわくするような新しい冒険が、楽しめるはずだから。

 

ルミナス=ブルー(1) (百合姫コミックス)

ルミナス=ブルー(1) (百合姫コミックス)

 

 

こっからは自分語り!!!帰っていいぞ!!!!!

 

百合界がかなり賑わってきた一方で、百合と言うだけではもはや宣伝たり得ない時代が来ている。

我々は追い切れないほど多くの百合に囲まれていて、選択する権利が与えられた。もはや突然のヘテロ展開に怯えながら、爆弾処理みたいにページをめくる必要もない。

 

その一方で、供給と需要に対して宣伝や周知が間に合っていないようにも感じる。

宣伝というのは作家だけが負うべき仕事ではないし、少年ジャンプのような最大規模の資本と土壌がないのに二巻で打ち切りを決めてしまう方針は疑問に感じる。それは、作家の使い捨てに等しい行為だろう。

 

かつて、私は百合姫編集部で働こうとして面接を受けたことがある。

結果は残念ながら不合格だったけれど、そこで百合姫の編集さんが言っていたことは今でも覚えている。

「今は、兼業しなければやっていけない作家も多く、そうした作家のみんなが百合漫画でやっていけるようにしたい。それが百合姫を月刊にする理由だ」

この数年で、百合はとてもとても広まったとおもう。百合展は毎年、来場者が増えている。百合アニメや百合ドラマも生まれつつある。百合姫以外の雑誌で百合アンソロジーが出たり読み切りが掲載されるようになった。

そうした中で、百合の最前線である百合姫が百合作品の可能性を探らず、すぐに見限ってしまうのは残念に思う。

たしかに、市場が大きくなれば競争が生まれ、そこから淘汰される作品があるのは仕方ないことだ。

 

けれど、たった二巻で打ち切られ、次がどうなるのかも分からない環境に置かれている百合姫の作家は果たして「百合漫画でやっていけている」だろうか?

 

百合姫の編集部は、かつて私に語った志を今一度思い出していただきたい。

才能を発掘し、作家を育て、新しい百合を作り出すことは商業でこそ可能な試みだと思うから。

 

 

*1:作者である岩見樹代子先生のご厚意で本文画像を加工させていただいきました。本当にありがとうございます。

*2:同じカメラがテーマだった彼女とカメラと彼女の季節という百合漫画もあったね!野郎が出るからと敬遠するには惜しい漫画だから、読んでみてほしいな

このレズセックスがすごい!!2018

 今年も百合的なビッグニュースがいっぱいあったね!
 のぞみぞが爆発的に認知されたエモの極限『リズと青い鳥
 良質なストーリーと児童文学の潜在能力をありありと見せつけた『若おかみは小学生!*1
 非常に繊細な表現で映像を楽しめる、やがて君になるのアニメ化
 新たなる時代の幕開けを告げるSFマガジンの百合特集』
 ほかにも色々なニュースがあって、どれも語り尽くせないものだけれど、このブログでしかやれないことをやりたい!


 そういうわけで、今回は今年発表されたレズセックスの中で特に素晴らしかったものをベスト3まで紹介したい


 平成最後にして最高のレズセックスをご覧に入れよう!
 
 今回の選定基準は
 ・オリジナルのもの
 ・2018年に発表されたもの
としているぞ!二次創作まで含めると紹介しきれないからね!
一部のものは成年向けではないがレズセックスとしてカウントしてるぞ!これは私の判断によるものだ!

 

第三位 

FLOWERCHILD『イブのおくすり』
――少年画報社はメバエを復活させろ

 

 

かつて唐突に消息を絶った百合アンソロ『メバエ』。
『つぼみ』『ひらり、』の系譜もいよいよ途絶えたかと思われていたが、近年また動きが見えている。


あらた伊里先生がまた連載を始めたこと、そしてイブのおくすりの復活だ。


少年画報社はまた百合を推しつつあるのかもしれない。百合にたいして理解のある編集者がいれば、一気に独自の百合を開花させうると思う。期待しているぞ!!!

 

さて、イブのおくすりは元々メバエで連載されていたもので、先生×生徒モノの、ほんのりいやらしいおねロリ漫画だった。

今回、雑誌を変えつつ掲載されたイブのおくすりはかなりエロ漫画寄りになっている。雑誌がそういう感じだしね!
今回はとくにヤングコミック8月号に掲載された5錠目のエピソードを紹介しよう!

 

おおまかなストーリーとしては、テニス部の少女は、たまたま夜の部室に戻ったことで、片思いしていた部活の先輩がコーチと肉体関係であることを知ってしまう。そしてコーチにそそのかされ、彼女もまた共犯者となって先輩を苛む側に……といった感じだ。

エロ漫画だからある意味当然なんだけど、大変エロ漫画的なストーリーとは言えないだろうか? 

憧れの先輩が実は……ってヤツだね。ただ、登場人物が全員女性になっても何の問題もなくストーリーは成立しているし、男性向けのヘテロエロ漫画のフォーマットは百合でも機能しうるというのを示す、重要な作品だと思うんだ。

憧れの先輩が他人と肉体関係にあった、というのは一種のNTRだけど、そうした作品は感情のやり取りが激しいので百合との親和性が高い。

 

つまり2019年はNTR百合が流行るよ!!!

他の女に抱かれる女!!!それを知ってしまう女!!!!女三人で百合NTR!!!

これからは姦を百合NTRとルビ振る時代さ!

 

気持ち悪いとか失恋とか、そういう負の感情と性欲がミックスされたドロドロギトギトとした性行為は非常に陰惨で昂揚できるね。単行本化されるかどうかは不明で、掲載誌がバラバラだから入手が難しいというハードルはあるけど、苦労する価値は保証するよ。

 

第2位
syou「百合の蕾が咲く頃に」

――This is 百合えっち

https://www.amazon.co.jp/dp/B07JKSC7HR/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

www.pixiv.net

この作品は百合が大好きな人が描いた百合えっち漫画だ。そりゃあ、あるゆる創作者は百合が大好きで、だからこそ表現しているわけだけれど、この漫画ほど純粋に百合である作品はそう多くはないだろう。


syou先生は元々かなり昔からpixivなどで百合絵を投稿していた方*2で、今回晴れて商業デビューと相成った。

www.pixiv.net


長年百合を専門にしてきただけあって、この単行本は全編からあまさず百合を摂取できる。


百合はとにかく、女性同士の感情のやり取りがメインとなるジャンルで、性行為でもお互いを想う気持ちをみなぎらせたものだけが強いレズセックスになる。この作品はそこが完璧だ。


「百合の蕾が咲く頃に」は色々なカップルが登場するけれど、だれもがお互いのパートナーを愛し、慈しみ、幸せにしたいという気持ちで溢れている。

事後に甘く戯れる描写も多くて、幸せな百合えっちをキメる多幸感がヤバイんだ。

エロ漫画的ともいえる派手な体位や性器描写があっても、百合の空気感は些かも損なわれていない。


えっち描写と百合描写の奇跡的融合がここにはある。

 

そしてなにより、後書きが大変な名文となっている。その一部を引用しよう。

百合が好きな人は多くの場合。本当に百合が大好きな人です。
百合がちょっとだけ好きとか、わりと好き、まあまあ好き、みたいな人はあまり見かけません。
そういうところが百合というジャンルを取り巻く良さの一つだと思います。
だからこそ、百合作品を作りたいという私たちの気持ちもまた、強く、大きくなるのです。

 

どうだろうか、君も百合が大好きな人なんじゃないかな? それなら、この本は読むべきだろう。

 

第1位

あやね『つづれ織り』

――おねロリババアを讃えよ

www.pixiv.net

個人的は最推しとなるレズセックスがこれ!


永遠娘vol.4に収録された作品で、年を取らないという特異体質を隠すために住まいを転々とするマーガレットと、彼女に懸想したまま22年の歳月をすごしてしまったエリザベスの物語だ。1950年代のNYが舞台ということで、キャロルを思い出すね!


永遠娘は老成した精神を持ちながら、その見た目は少女であるという「ロリババア」をテーマにした雑誌で、他の収録作品はすべてヘテロだ。

しかし、もし君がレズセックスを求めているのなら、この作品のためだけに買う価値があると断言しておこう。

 

これはエロ漫画だからページのほとんどは性行為に割かれているわけだけれど、短い描写の中でしっかりとお互いの心のやりとりが描写されているし、マーガレットは22年間捨てきれなかったエリザベスの恋心を、エリザベスは素性を隠すために定住できず、彷徨い歩いていたマーガレットの孤独を救っているんだ。

お互いに安らぎと癒やしを得ていることが濡れ場でもつよく伝わってきて最高に最高!


もちろん性描写もすばらしいもので、体格差を感じさせるような激しい体位や、マーガレットを思うあまり処女のままだったお姉さんを小さな女の子が思うさまに翻弄してしまうというシチュエーションも実にいい。

あやね先生はキスシーンが非常に官能的で、

ちゅーとか口づけとかじゃなくて粘膜接触って感じがする、えろい!!! 

口淫の描写もかなりねっとりと描かれててやばい!!!

キスシーンのえろさだけで無限に昂揚できる!!!!!!!

さらにこのつづれ織りは続編も同人誌で発表されているので絶対に読んでほしい、ストーリーのつながりはゆるいので「永遠娘」を買うのに抵抗を感じるひとはまずこっちからキメてみるのもアリだろう。読み終わったころには永遠娘をポチっているだろうね。

www.pixiv.net

 

 

他にも沢山のレズセックスがあるんだけど、ベスト3に絞るとこんな感じだ!

君は今年、理想とする百合に出逢えたかな?

来年もまた素晴らしい百合が我々をきっと待っている。

レズセックスは……どうかな、Lガールズが復活してくれたらな……

*1:グロおこ……グロおこ……

*2:確認したら過去作が消えてた!なんてことだ!