読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【百合ブログ】百合Edge R&D 

人間無骨のブログ。百合のレビューをする。 Twitter:@ZephyrMusician

おねロリが全然ないのはなんで?-数値から考える子どもの性行為の性差の不均衡

創作百合アンソロジー「Luna」に参加!

2016/5/5(金/祝)はCOMITIA116、『veronique』B24bでLunaを買おう!!!

AI×人間なSF百合で書かせていただいたぞ!!!!!

 

 

で、本題。

おねロリが全然ない。*1

以前の記事で触れたように商業のレズセックス本でおねロリはゼロで、全年齢向けのアンソロでもあまり多いとは言えない。

まぁ最近だと伊藤ハチ先生の作品とか、年齢差のある百合本も多少は増えてきたのだけれど……。

 

ただそうした作品はあくまでもほのぼのとした明るく爽やかですっきりとした百合だ。

 

でも私が見たいのはドロドロで暗くてヘビーでこってりとしたおねロリレズセックスなの!

 

もちろん明るいのも好きだけどさ! パンケーキじゃなくて牛丼が食べたいときだってあるだろ?

 

今回はなんでおねロリはセックスしないのかをだらだらと愚痴っぽい感じで喋っていくぞ。

 

結論から言う。なんでおねロリがないのかっていうと、犯罪だからだ。

 

ロリ、つまりは子供にナニかするのは世間一般じゃ犯罪行為だしこれから先もそうだろう。

コミックLOも繰り返しそうした世間の冷たい視線と戦ってきた。

 

子どもに手を出してはいけないという倫理観はかなり強固なものだ。

未成年と性的にアレすることの弊害はもっと専門的なサイトに解説を任せるとして、ともかく大半の人間は子供と■■■することを赦されないことだと定義している。私もそうだ。

 

「その花びらに口づけを あまくてほしくてとろけるちゅう」をキメている時は三分に一回ぐらい「これ犯罪じゃね??」と思いながら摂取していた。

 

そういう倫理の壁を突破するのも創作の楽しさではあるけれど、倫理や常識の壁というのは意外と乗り越えるのが難しい。

 

不良漫画で主人公の突拍子もない行動を「単なる犯罪だろ……」とかしか思えなくなったり、えげつない凌辱モノとかで「可哀想になってきて興奮できない」とかね。

 

しかし、本来エロメディアというのは現実でありないことをたくさんするジャンルで、現実のセックスとそういう世界でのセックスはJリーグとイナズマイレブンぐらい違うものだ。

 

たしかに性行為は性的で政的だからデリケートな話題になりやすい。イナズマイレブンにてファイアトルネードでゴールにサッカーボールを突っこんでもツッコミは入らないけどエロ漫画で小学生にツッコムとツッコミが入るわけだね!!

 

それでも、やたら上手な処女だのやおい穴だの前立腺をこりこりするだのしても基本的にあれこれ言われることはない。

 

なのに、子どもを犯すとなると急に問題はデリケートになってくる。 

現実と妄想の区別がついていないというお約束の説教をされながら考えてみよう。これはなぜなのか?

 

物語にはリアリティじゃなくてビリーバリティが大事というようなことを聞いたことがある。これは、物語で大切なのはリアルなのではなくそれを信じられると思わせることが大切なのだというヤツだ。(詳しくないからもしかしたら間違ってるかもしれないけど)

 

子どもに何かするというのは、多くの読者にとって信じたくない描写なのか。

一理あるだろう。

 

また、女性向けジャンルでは(そしておそらく男性向けのソレでも)エロメディアで暴力描写は忌避される傾向にある。

 

・なりゆきで肉体関係を持っても、その後正式にお付き合いが始まったり

・あくまでもハードな性行為は妄想に過ぎなかったり(作中で現実に起きてない)

・モノローグを多用してお互い同意の上という理解を作り出したり

 

するエロ漫画やエロ小説やエロアニメやエロゲームを見たことはないだろうか。*2

後味が悪い作品も話題になることはあるが、あくまでも、そこは「基本的にハッピーエンド」だからこそ話題になるのだ。

 

エロメディアに限らず、基本的に娯楽というのはハッピーエンドだ。どうせオナニーするならハッピーな気持ちでやりたいよね。

 

とくに強姦の類は現実的に考えるとあまりにも陰惨で、そういう風にして多少強引にでも認識を誤魔化さないと興奮できないという構造もあるように思える。

 

こうした点を考えると、子どもを犯すのは、行為の後でどのようにフォローしても「子供と性行為した」という事実は覆せない。

そして多くの人間は子供と性を組み合わせることを倫理観から忌避していて、結果としてモヤモヤしたものが残ってしまうのではないだろうか。私はLO読者ではないのでロリ界隈には詳しくないのだけれど……*3

 

そういうわけで、子供を犯すのダメだという認識を多くの読者は持っていて、そうした多数派の読者が楽しめないからおねロリは少ないという仮説が成り立つ。

 

こうした子供とはちょっと……という躊躇いを克服するには以下の方法がある。

・見た目だけ子供であって精神は大人であるという設定(いわゆる、のじゃロリ設定)

・ロリが主導権を握り、大人が子供を犯すという構図を曖昧にする(その花もコレ)

 

ただ、こうしたやり口はあまり受けない。だってのじゃロリは見た目だけが子供で実際は子供ではないからだ。ロリおね形式には希望が持てるが、観測数は少ない……。

 

しかし、じつのところ子供セックス界隈には不均衡がある。

この数値を見てほしい。特定のワードでPixiv検索をかけた際に、ヒットした件数だ。

 

ロリ:218655件 R-18は38%(82616件)

ショタ:163758件 R-18は47%(76495件)

 

おねロリ700件 R-18は56%(389件)

おねショタ17645件 R-18は77%(13504件)

 

この数値で何が分かるか? おねロリにたいしておねショタの割合が異常に多いということだ。

おねショタの投稿件数はおねロリの25倍であり、ショタ全体の中で10%を占める。

 

これに対し、おねロリはロリ全体の中で0.3%に過ぎない。

 

正確な数値の割り出し難しかったので、上の調査では書いていないが

 

・男×ショタは約4000件*4

・男×ロリは約215600件*5

男×ロリのR-18に関しては80965件

男×ショタのR-18に関しては2311件

である。ロリというタグが付けられた画像の98%は男性との絡みであるということだ。

 

グラフにするとこうなる。

f:id:zephyrmusician:20160503113034j:plain

 

子どもとの性行為が忌避されるという仮説が正しいなら、おねロリ以外も少ないはずだ。

 

ところがこの結果はどうだ?

グラフを見ろ!!!!!!!!!!!!!

おねロリだけが割を食ってるじゃないか!!!!!!!

 

これの結果に関して、私は理性を失い、相当口汚くなった。見苦しいから隠しておくけど書かずにはいられないので下記に所感を述べる。(感情的な記載、無意味な愚痴、差別的発言、地雷に対する言及を含みます)

 

お前らそんなにもアソコにナニを突っこむのが大事なのか? 男の娘にしても大抵はナニでケツを掘っているものばかりが目について、うんざりさせられるぜ!!!!!

おねショタにしてもそうだが、チンチンあればオッケーみたいなのは勘弁してくれ、こっちとしてもエロは好きだが女の子同士のエロはより大好きなんだ。増えてくれなきゃ困る。

個人的におねショタは嫌いだから感情的になるのかもしれねぇけど……。もうさ、マジでアニメとか漫画の弟キャラを安易に竿役にするのやめようぜ。そりゃ俺だってこんなのレズセックスばっかり見たいってワガママなのは分かってるけど……

―――

――

オーケー、冷静になろう。おねロリだけが異常に少ない傾向にあるのはなぜか? クールに考えてみようじゃないか。

このあたりは一度考察していて、この記事のラストらへんで言及してる。

yuriedge.hatenablog.com

 

要約すると百合は和姦モノばっかりで、ロリは和姦と相性が良くなくて、結局おねロリは減っていくという結論を私は出した。

 

今回の調査から付け加えると、「より幼い相手と性行為をしたい」という欲望が百合界隈にはないことも考えられる。

ロリコンという言葉を思い浮かべる時、私達は男を想起する。

女のロリコン*6は透明化されている。

 

そういうロリコンを書きたくて、以前、私は子供をさらって悪戯する女の子を書いた。(躊躇いのない宣伝)

www.pixiv.net

 

まぁ、正直書いてて割と精神に堪えた。子供に手を出すのは、やはり赦されないのかもしれない……。

 

もうダメなのか!?

私達はおねロリという無限の荒野を這いずることしかできないのか?

 

 

『L(ラブ)がーるず』では、集英社様のジャンプスクエアで活躍した荻野純先生をはじめ――――

 

 

荻野純!?!??!?!?!!!?!*7

 

英雄が帰還した!!!!!!

 

『Lがーるず』を見逃すな!!

(いや、おねロリと決まったわけじゃないんだけど……)

 

 

γ─ガンマ─ 1 (ジャンプコミックス)

γ─ガンマ─ 1 (ジャンプコミックス)

 

 

*1:ロリの定義はJS以下とする

*2:このあたりは守如子「女はポルノを読む」青弓社 2010年を参考としている。若干資料が古いけど、このあたりの傾向は大きく変動してないはずだ

*3:友人によれば、最近は和姦モノが減って、あまり楽しめなくなったという。そこには子供を凌辱するのは……という心理がある

*4:「ショタ BL」で検索

*5:マイナス検索を用い、「ロリ -百合 -レズ」で検索

*6:そう!女という枕詞が必要になるのだ!

*7:荻野純はかつてジャンプSQにてスーパーヒーロー漫画「γ-ガンマ-」を連載していた漫画家だ。残念ながら連載は打ち切りとなったが、余命を悟ったのか彼は作中でヒロインが結ばれる最終回を描き、あまつさえ性行為まで示唆する描写までいれた。その華々しい最期から根強いファンがおり、現在でも謎のアカウント原作そっくりな絵柄でヒロインたちの百合えっちを投稿している