【百合ブログ】百合Edge R&D 

人間無骨のブログ。百合のレビューをする。 Twitter:@ZephyrMusician

焔すばる先生の発明品と百合における道具の使用について-次は百合おっパブ??

夏コミは不参加だったので、ここ最近の百合同人誌摂取は一部の同人誌を通販した程度だ。

 

購入したのは小悪魔のリドルという劇薬を二冊、そして焔すばる先生のレズエステ本だ。

 

悪魔のリドルの破壊力は今更語るまでもないけれど、レズエステもかなりの力があるレズセックス本だったし、なによりさりげなく凄い発明があったと思うのでコレを解説したいと思う!!!

 

 

 

www.melonbooks.co.jp

 

今回紹介するレズエステ本の正式なタイトルは『どきどき★ガールズエステ』という。

 

内容はそのまんま、いわゆる『マッサージもの』のレズセックス本だ。

 

エステに憧れたJCちゃんが適当に選んだ店はいかがわしいお店で……!? という直球で小細工なしのレズエステをキメることができるだろう!

 

可愛らしい女の子があれよあれよという間にエスティシャンのお姉さんに弄られてしまって、そのままレズセックスにもつれこんでいく描写はエロ本としての強度もしっかりと備えているぞ!

 

でも個人的には、もうちょい女の子がネチネチネチネチ施術されてから、誘惑に負けてお姉さんを受け入れちゃう展開の方が好きかもしれない……。これは前置きはいいからさっさとレズセックスしろ派には悠長すぎる展開だと思われるだろうし、レズセックスのスピード感というのは難しい調整を必要とするね……。

 

このマッサージもの*1というのはAVでは比較的見かけるジャンルだと思うんだけど、コレが印刷物に変わると急に数を減らしてしまう。くわえて百合系統となれば、それはもうきわめて希少だ。

そんな中で先生が百合ソープに続いて、レズエステ本を出してくれたことには大きな意義があると思うんだ!

 

焔すばる先生はこれまでにも結構レズセックス本*2を出していて、最近では百合風俗シリーズとでもいうべき作品が続いている。

 

レズセックス本というと、もっぱら恋人同士のスキンシップの延長という扱いのものが多くて、レズセックスだけで突っ走るストロングスタイルの作品は少ない。

百合本をエロ本として消費することを忌避する層もいるとは思うんだけど、女の子がモブおじさんならぬ中指お姉さんと無責任にレズセックスすることだって間違いなく百合だと私は信じてるよ!!!!

こうしたレズセックスに特化した方向性というのは百合の多様性*3を維持するという点でも大切だぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

で、タイトルの大発明についてなんだけど、このレズエステ本ではこれまでのレズセックスでは見たこともない画期的なガジェットが使用されている。

 

レズセックスに関してだけは相当数摂取してきたけど、あんなガジェットは初めてだった!

 

たぶん初めて発明されたものじゃないかな???

 

どきどき★ガールズエステ』自体の感想は見かけても、アレに関しては全然触れられていないので、ここで紹介するしかあるまい。

 

さて、どういう発明なのかというと双頭ディルドに匹敵する百合性具が、今回の作品では使用されている。おそらく世界初の試みだ!

 

元ネタとしてはおそらくこのあたりのアイテムだろう。(リンクはアダルトグッズのページだから気を付けてね!)

アダルトグッズ通販と大人のおもちゃのNLS

Amazon CAPTCHA

 

詳しい使用方法はリンク先で見てほしいのだけど、簡単に言えば乳首を責めるためのアイテムだ。本作ではこうした性具にさらなるレズ工夫が施されているんだ!

 

ここでは便宜的に両面ニップルドームと命名させてもらうよ!

 

正確なビジュアルは本文をあげるのもアレだし是非自分の目で買って確かめてほしいのだけれど、文章では表現しにくいので画像を用意した。先ほどのリンクとあわせてだいたいこういうものなんだなぁって思ってくれたらありがたい。

 

f:id:zephyrmusician:20160827200501p:plain

……うん、なんの図なのかわからねえな!

とにかく解説しよう、ニップルドームというものは胸に装着して使う。胸にコレを乗っけるんだ。図の赤い部分がモーターで回転振動して、装着者に刺激を与えるわけだね。

 

で、レズエステで使用されたものの画期的なところは、図の青い部分が追加されている点にある。この部分が赤い部分と連動して回転振動することによって、自分のみならず密着した相手にも愛撫することが可能になっているんだ!!!

(8/28 構造的な問題で振動しかできないとのことなので修正) 

 

エロメディアにおけるセックスの描写というのは、一方的なものではなく、お互いが気持ちよくなっている描写が用いられる。

 

男女と男男だったら粘膜で連結することで、お互いイイ感じになることが可能だ。

 

ここでレズセックスには問題が生じる。構造的に連結が難しいという点だ。

 

この問題に対する解答の一つが貝合わせとなる。

 

ビジュアル的にも悪くないし、やってる雰囲気も作りやすい。

しかしながら、貝合わせの使用頻度は意外なほど少ないんだ。

 

yuriedge.hatenablog.com

 

以前研究したんだけど、貝合わせの頻度はだいたい中指を挿入するのに比べて4分の1ぐらいにおさまる。

 

その理由としては

 

・貝合わせは気持ちよくない(という認識が一般的である)のでリアリティを損なう

・男女セックスを模倣しているようでレズセックス層の需要と会わない

・体位がかなり限定されるのでレズセックスの幅が狭い

 

あたりが仮説として挙げられるね。

ともかく粘膜接触という点で貝合わせは有効な手段ではない。

 

こうした現状にレズセックス作家は創意工夫を凝らし、別の解答として用意されたのがふたなりと性具の使用だ。

ふたなりは設定的にだしにくい作品もあるけど、性具は現実にあるものだし、どんな場面でも扱いやすいだろう。スプレー缶とかを代用品に使うものもあったね。

 

私は「性具(ドーグ)だしてゴタゴタゆー前によォ!! てめーの”レズセックス”通ォーしてみろや!!!!!」

という昭和のヤンキーみたいな主義があるんだけど、ふたなりやディルドを使うのも選択肢としてはアリだと思う。

でも面倒なオタクとしては棒状のものを入れないとセックスにならないのか? って気持ちになるのさ……。

 

だからこそ、挿入以外の方法でお互いハッピーになる方法として両面ニップルドームという画期的なアイテムを考案した焔すばる先生は凄いんだ。

ローター、ディルドと性器への使用が主になるアイテムがほとんどのなかで、胸への攻めに特化アイテムでレズセックスを行う!

大げさに言えばレズセックス界におけるコロンブスの卵だよ、コレは。

 

先生は他の作品でも搾乳要素*4とか乳首攻めを盛り込んでいて今回のアイテムもそうしたプレイのために考案されたものだろうけど、触手とかハイテクSMマシンと違って現実にありそうな感じが絶妙だ!

 

と、いうわけでみんなもっと積極的に連結以外の道を探してみよう! プレイにおける選択肢を増やすことは作品の幅を広げることにも繋がる!

みんなでレズセックスを拡大だ!!!!

 

 

ちちゆりガールズ (MOOG COMICS)

ちちゆりガールズ (MOOG COMICS)

 

 

*1:マッサージ店やエステに行って、なんやかんやの内にヤっちゃう話だよ!

*2:百合NTRも待ってるで……

*3:男の娘が百合かどうかを議論するよりもレズセックスのバリエーションとシチュエーションを増やすことが多様性というものさ

*4:興味があるなら『ちちゆりガールズ』、買おう!