読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【百合ブログ】百合Edge R&D 

人間無骨のブログ。百合のレビューをする。 Twitter:@ZephyrMusician

2016年の百合を振り返る-今さら何言ってんの?

ああ、4か月サボった……。

FF15とシャドウバースがすべて悪いんだよ。

私がウダウダしてる間になんとこんな零細ブログの記事をリスペクトくれた方が素晴らしい記事を書いてくれたんだ! 力ある言葉たちの数々を是非読んでほしい!

kankancollect.hatenablog.com

 

 

さぁて、いよいよ2016年も終わり!!もう2017年だわ!!!!!!

こっちのブログでは、今年どんな百合があったのかを1か月ごとに振り返ってみたい!

また備忘録も兼ねて1か月ごとにその月に摂取した百合漫画も紹介していくぞ

そして来年、どんな百合が拝めるのかを考えてみようじゃないか!

では行ってみよう!

 

1月

――お正月には凧あげて、独楽を回して、姫はじめ!!!

 

年明け早々に百合好きを激震させたのは大奥スペシャル版*1の放送だった!!

大奥と言えば女の感情が渦巻く伏魔殿!!

そして女の感情あるところに百合は在り!!

 

「そなたの肌に、男が触れると思うと虫唾が走る。可愛い人、誰にもやらぬ」

――本編より

 

地上波で、潤沢な予算で、有名な俳優で、百合を摂取できる僥倖!

2016年が素晴らしい1年になるのはこの時点で確定だったね!

 

沢尻エリカ渡辺麻友のキスシーンが見たいなら、今からでも遅くはない!

どうやらソフト化されてはいないようだけどオンデマンド配信はされてるぞ!

 

それと、手前味噌ながら当ブログでもレズセックス研究の発表を行ったのがこの月だった!

yuriedge.hatenablog.com

貝合わせはメジャーな体位なのか?

レズセックスでよく使われる指は中指と人差し指? それとも中指と薬指?

気になるのなら見てみてほしいな!

 

そして1月に発売されたベスト百合漫画は

森永みるくの「ハナとヒナは放課後」

 

 

を推そう!

 

可愛らしい先輩ハナ(ちび)×クールで綺麗な後輩ヒナ(高身長)という組み合わせで、とにかく善良なハナとそんな彼女が大好きなヒナがゆっくりと距離を縮めていくストーリーも真新しさはないかもしれない。しかし可愛いものが大好きなヒナが一途にハナを思う描写は百合漫画の王道を征くものだ! レズセックスや多角関係に疲れた時にほっと一息つける、そんな安らぎのある漫画だよ!

(可愛い年上、可愛いもの大好きなクール年下という構図……限界まで上品にしたヴァルキリードライヴといえば想像しやすいかもしれない)

 

2月

『俺』は外! 百合は内!!

そろそろ冬コミの戦利品も摂取し終えた後で百合好き達を待ち構えていたのは

selector destructed WIXOSS

だった!

これは昨年放送されていたselector spread WIXOSSの劇場版で、新規カットを加えた総集編といった塩梅のものだ!

 

地上波放送版のウィクロス自体が誰も予想しないぐらい禍々しい百合をたんまり提供してくれたが、映画版では新たにるみさちというカップリングが追加された!

 

ネタバレはしたくないから多くは語らないが、他人を傷つけるのが大好きという御無体な嗜癖をもったウリスの掘り下げは、すでにアニメで本編を見た人にも見逃せないだろう!

 

2月のベスト百合漫画は

缶乃の『あの娘にキスと白百合を(4)』

 

 

 

一択だ!

 

続き物なので、これ以降はカウントしないがあのキスは現環境で最強の百合漫画といって差支えはないだろう。

クドすぎず、媚びすぎてない爽やかな絵柄! 綺麗なだけではなく負の感情も絡んだ関係性! キスシーンの美しさ! ドラマCDなどの展開力! 現代百合漫画でコレを超える作品はなかなか出てこないだろう。

マリア様がみてる』『屋上の百合霊さん』『少女セクト』『悪魔のリドル』、名作といわれる作品は複数のカップルを描くものが多い。カップルが多いとそれぞれにファンもつきやすいからね!

主要なカップルはあるものの、基本的に複数のカップルを描写するオムニバス形式になっているので、その気になれば長期間続けられるという点がとにかく強い。

百合漫画は恋愛ものが多く、おまけにラブコメのように複数のヒロインを用意する形式のものはすくないから引き伸ばしは難しいように感じる。そうした時に、初めから複数のカップリングを用意するという解答はとてもスマートではないだろうか。

 

3月!

親友という関係からの、卒業

 

3月のニュースはアサパ3開催を推したい。手前味噌ながら悪魔のリドルは大好きだし、同人誌も作ったからね……。

このアサパ3の時点でアニメ放送終了から大体2年ほど経過していて、それなのに結構なサークルが参加したのは本当に奇跡的なことだった。また同人誌を作りたいね……。

 

さて、3月のベスト百合漫画は

タチの『双角カンケイ』だ! 

 

百合で爆弾と石鹸を作る方法-百合物件備忘録 - 【百合ブログ】百合Edge R&D

ここでも散々語ったから見てくれ(直球)

最近になって完結巻も発売された、ドロドロぐちゃぐちゃな百合多角関係! 双子の入れ替わりという複雑なテーマもさることながら、入れ替わりを誤魔化すための力技の数々が本当に楽しい作品だった。二巻で終わるのは本当に惜しいよ……。

 

 

4月

さぁ皆さんご一緒に!「わぁ綺麗な子……」

 

4月のビッグニュースはアイカツスターズの放送開始だろう!

高い評価を受けているアイカツから世界観を一新、男性キャラも主要人物になるということで、不安視されたものの、スターズもまた期待を裏切らないものになったのではないだろうか。

先のブログで取り上げられていたように劇場版同性愛というパワーワードも生まれたしね!

私は貯めちゃってて最新話まで追えてないのだけれど……今後も元気なジャンルであることは間違いない! 女児アニメは女の子が主要キャラとなって物語を回していくし、子供向けであるからこそフラットで先進的な価値観がもりこまれている作品も増えてきている。百合との親和性はますます高まってきているように感じるね。

 

4月のベスト百合漫画は

狛句の「私のシュミってヘンですか?」

Amazon CAPTCHA

を推させてもらおう!

「やがて君になる」や「月が綺麗ですね」なんかの強豪も発売された月だけれど、こちらも負けてはいないと思ってるよ!

成年向けのLガールズが最長百合アンソロになったり、一般レーベルでも百合エロ漫画が発売されたりと、百合エロ漫画は今年に入ってからとても元気だ!

そうした漫画の中でこの作品は音やお尻といったフェティッシュな要素に重点を推しているのが他の漫画との明白な違いと言える。

(性的な)フェティシズムを取り上げるのは、ほかの媒体では難しいことだし行為の描写にも幅が出てくるからとってもいいアイデアだったんじゃないかと思う。今後も活躍してほしいね!

 

5月

ゴールデンユリィークはどう過ごしたかな?

 

5月にあった大事件、それは荻野純の復活をおいてほかにない!

 

氏は2013年~2014年にジャンプSQで「γ-ガンマ-」を連載していた。

ガンマの見どころはアメコミ、魔法少女、戦隊ヒーローといった様々なヒーローが入り乱れる物語もさることながら「さりげなく百合要素がすごい」ことだった。

本編の途中までは、エッセンス程度に匂わされるだけだった百合要素が終盤ではエンジン全開、キスもするしそれ以上のことだってする。そういう衝撃的な展開に当時は腰を抜かしそうになったね、こりゃ本物だぞって。

それから数年後、ほとんど作品を発表していなかった氏が突然百合エロ漫画で復帰したのだ!

荻野先生に依頼したLガールズ(当時はL)の編集部はまさに慧眼の持ち主といえるだろう。界隈で密かに注目されていた氏を登用することで、ちょっとした大御所に描いてもらうよりも、よっぽど分かり易く「レズセックスに本気で取り組んでる」ってことをアピールしてみせたからね! そういう百合好きを絶対に逃さない姿勢が最長記録更新につながったのだと思う。これからも応援したい。

 

そういうわけで5月のベスト百合漫画は「L Ladies & Girls Love 11」!

Amazon CAPTCHA

エロ漫画ばっかだな!

この巻には荻野先生は登場していないのだけれど、すどおかおる先生のレズセックストーナメントやタカハギケモノ先生の傷のなめ合いックスが楽しめるぞ!

 

6月

お好みはジメジメバームクーヘンエンド?

それともあかるくジューンブライド??

 

デストロ246、完結。

百合好き達はとても大きなものを失った。2012年から類まれな暴力と『男は惨殺』というルールを徹底し続けた最高にジャンキーな百合漫画はもう続きが読めないのだ。

デストロ246 7 (サンデーGXコミックス)

デストロ246 7 (サンデーGXコミックス)

 

  デストロ246はとにかく男がゴミクズのように死んで女アサシンが大暴れするというその筋が大喜びする漫画だ。ラストは結構賛否両論なんだけど、少なくともその方針だけは最後まで貫かれた。血と暴力に彩られた百合漫画としてこれからも記憶に残り続けるだろう。ありがとう、デストロ246

 

 7月

海開き! だけど百合の海は大抵冬の海!


百合妊娠!

やっぱ大ニュースはコレでしょ。こちらも散々語ったので記事を張っておくぞ

 

妊世界秩序-百合妊娠レビュー - 【百合ブログ】百合Edge R&D

レズセックスで妊娠というキャッチーもさることながら、妊娠というテーマを処理する上でSFやファンタジーなどの要素が用いられ、世界観にも広がりがあるアンソロとなった。百合触手なるアンソロも企画されているようだが、こちらはどうなるか見ものだ。どうせなら異種百合とかにしてほしかったかも……。

 

さて7月の百合漫画はコレ!

百合妊娠を大ニュースに挙げたが、こちらも負けていない!

 

 

「お姉ちゃんの処女が欲しい」「おねえちゃんと同じ産道も通ってないくせに」などなど、溢れんばかりの妹の愛情でブン殴ってくるストロングスタイル百合漫画。

 伊藤ハチ先生の美しい絵柄から容赦なく飛んでくるパワーワードにはひざを折るしかないってもんだ。角川百合漫画三柱で最初に完結してしまった作品だが、フルパワーの姉妹百合と躊躇ない愛は決して、繊細で思いを秘めるだけではない百合の新時代を見せてくれると約束しよう!

 

8月
女の子同士のひと夏の過ち……


8月、それはPSVitaでカタハネが遊べるようになった月!
多くは語るまい……やってみよう!

 

さぁ8月の百合漫画はデストロ246の悲しみを乗り越え、新たな暴力へと君を駆り立てる漫画だぞ!

よしむらかな「MURCIÉLAGO」

 

 暴力百合漫画においてムルシエはデストロ246との双璧だが、デストロ246がものすごく強いレズの群像劇だとしたら、こちらはものすごく強いレズの冒険譚とでもいえばいいのか。ムルシエは紅守黒湖という怪物に焦点を当てていて、その活躍を楽しむというシティーハンターコブラの系譜、いわゆる俺TUEE系に近いかな、と思う。オマケ漫画が「出会い系で女の子をいただくだけ」というインパクトがすごすぎたよ……。

 

9月
読書の秋には百合小説が最適だ!

アフターアワーズ


ブログで語りつくしてしまった感はある。未だに続刊の話は聞かない……商業的な成功というのは絶対に外せないテーマだ。売れればよいという考え方は正しくないにしても間違っているとも言い切れないように私は感じるが……。

 

9月の百合漫画なんだけど……うん……俺の本棚に9月の百合漫画がないんだ……
シャドバとベルセリアにかまけてて、最新の百合を更新してなかった。不明を恥じます……。

 

10月

Trick(悪戯にする)&Treat(やさしくする)
もうこのニュースしかないだろう、一迅社が統合された!
講談社×一迅社!!!!!!
浅学ゆえにこれから先のことは読めない。講談社の意向がどれだけ百合姫に影響を与えるのかは未知数だ……。ヤンキー百合とか増えねえかなぁ……。

10月のベスト百合はお約束のコレ!
タチ「桜Trick

桜Trick (7) (まんがタイムKRコミックス)

桜Trick (7) (まんがタイムKRコミックス)

 

 1巻から触れられてきた卒業、そして廃校に向けて走り出す巻だ。春香×優だけにとどまらず、楓×ゆず、しずく×コトネも一歩踏み出そうとしているのが最新刊だ。キスが主題であるのは間違いないけれど、春香と優だけではなく周囲の少女たちの感情も丁寧にくみ取っていくところが桜Trickがここまで続いた理由ではないだろうか。

 

11月
ポッキーゲーム、それだけで十分だろう。


捏造トラップとCitrusがアニメになるというニュースは界隈を震撼させた。

どちらも素直な百合漫画ではなく、賛否両論といった空気を私は感じた。
この二作が選ばれたのは、売り上げや知名度もあるだろうが、これまでの百合とは違う方向性を打ち出すことで新しい読者・視聴者層をゲットしたいという百合姫の思惑があるのではないだろうか。
いい悪いではなく、どうしても百合に詳しくない人に百合のイメージを聞くと「マリみて」的な、静かな空間で見つめあう女学生のビジョンが投げ返されてくる。そうしたタイプとは違う二作をぶつけることで、百合のすそ野を広げようとする試みを私は支持したい。売れれば素直な百合漫画だってチャンスが回ってくるしな!
 穿った見方をすると「あのキス」と「やがて君になる」がメディアミックスした時、並大抵の百合漫画では勝ち目がないから敢えて別のルートで攻めてきたのかな? とも推測できるよね。

11月の百合漫画……もう予想は付いているんじゃないかな?

あなたに響く百合アンソロジー「エクレア」

エクレア あなたに響く百合アンソロジー

エクレア あなたに響く百合アンソロジー

 

 超最強百合アンソロがいよいよ登場した。

天野しゅにんた先生の作品が一番好きだな!

 

12月
メリーユリスマス エンジョイ百合の6時間!

連載から4年

アニメ放送から2年

悪魔のリドルがついに完結!

悪魔のリドルは闇鍋的な作品で、ここから様々な繋がりも生まれたし、個人的には凄く思い入れが深い。悪魔のリドルは実家。
ビックリ面白レズビアンと脱力必至な公式が本当に妙なぐあいで噛み合ってたね……。

 

そして12月の百合漫画と言えばコレしかないだろう!

江島絵理「柚子森さん」 

柚子森さん(1) (ビッグコミックススペシャル)

柚子森さん(1) (ビッグコミックススペシャル)

 

 

野間みみかはロリコンである。おねロリ信者としてこれを語らずに済ませてはいけないな!

この漫画はとあるシーンの台詞であるロリコンなんじゃん?」がすべてを説明してくれる。どこにでもいるような女子高生が、小学生に一目ぼれしたことで何もかも一変するというのがあらすじで、物語としては単純なぐらいかもしれない。

しかしながら、かの『ロリータ』で語られているニンフェットとしか言いようのない柚子森さんの妖しい魅力と、そんな彼女に本気の性欲を向けるみみかの構図は色々な意味で目が離せない。

真面目に語れば、みみかは決して性的な魅力だけで柚子森さんに惹かれているわけではなく、そうした愛情と性欲のギリギリのせめぎ合いこそがこの漫画の最大の魅力といえるだろう。エロスとアガペーは排反せず、両立する。みみかが己のロリコン性に打ち克つかどうか、その行く末を見守りたい。

 

とりあえず2016年は大ニュースが多かったね! 作品の完結と誕生は毎年あるものだけど、百合姫周辺の環境がガラっと変わった一年だった

これがどう影響するのか、それをまずは見守っていきたいところだ!

1月が終わる前に投稿だけはしたいから、とりあえずこの辺で!

今年もよろしくね! そして最高の百合を!

*1:公式サイトからのあらすじを引用しておこう――(前略)大奥での地位を着々と固めていたお美代はある日、智泉院の庭にいた女中・お志摩(渡辺麻友)と言葉を交わす。大奥で巻き起こる争いごとをどこか冷めた目で見ているお志摩に強く興味を引かれたお美代はその後度々密会を重ねるようになる。お志摩の純粋な心と触れ合う時間はお美代に平穏を与え、ついに禁断の恋愛関係に進んでしまうが……。もう完全に百合だよね!!